殺処分ゼロという言葉の誤解、衰弱や攻撃性の高い犬は含まれない

犬 保護犬コラム

「殺処分ゼロ」言葉の誤解

とても響きの良い言葉で人の心を掴むスローガン、誰もが本当に願っている事でもある。

勉強不足だった私は行政が発表する「殺処分ゼロ達成」という言葉は、そのままの意味だと思い込んでいました。

残念ながら結論から言うと「完全なゼロではない」ということ。

収容所にいる犬達の中には、治療困難・攻撃性・衰弱などの理由で殺処分は続いています。行政が発表しているのは上記の理由や収容後死亡した犬は除いています。

噛み癖がありトレーナーの手に負えないような場合も処分の対象のようです。

 

本当に凶暴なのだろうか?

そこで色々調べてみましたが、問題行動を起こすという犬を中心にトレーニング活動している方もいらっしゃいます。

実際にyoutubeで動画を確認しましたが、保健所では問題のある犬と判断されても、その方がトレーニングすると全く噛まない。「どこが問題犬なんだ」と仰っている姿を観た時に、センターにいる犬達は恐怖と不安で噛んでしまっただけの場合も多いのではないかと感じました。

もちろん愛護センターの方々の努力は相当なものだと思いますが、得手不得手もあると思います。

youtubeで拝見した方のように、問題行動を治せるレベルのトレーナーの方が増えてほしいです。そういう技術のある方がどんどん増えていけば、完全にゼロにすることに近づけるのになと…

飼い犬が問題行動を起こすのは飼い主に問題がある場合がほとんどです。「凶暴な犬」にしてしまったのは人間側に原因があり、決して犬が悪いわけじゃない。

トレーナーの技術も正直ピンキリです、それぞれ方法も違います。トレーナーに預けて悪化して戻るということが多発しているのは本当に悲しいことです。

 

本当の意味で「殺処分ゼロ」にするにはどうすれば良いのか。

そもそも収容される犬がいるという事が問題。

本当に犬が好きで最後まで責任を持つという覚悟があるなら良いが、単に可愛いという理由だけで飼うのは危険。

人間を癒すために存在しているわけではない。

ブログやインスタグラムなどのSNS、リア充自慢で煽られているような気もします。

犬が好きなのか、それとも「犬を飼っている自分が好き」なのか、よく考えることが大切だと思います。

もし自分が中年以降であれば健康年齢も考えて、犬の寿命を全うさせてあげる事ができるのか、自分に何かあったら誰かが面倒みてくれるのか。

引っ越しの可能性や出産など、いろいろ考える必要があります。「そんな事いちいち考えてたら飼えない」という方もいると思いますが、命に対する責任をよく考えた上で家族に迎えてほしいなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました