ローラも!保護犬と暮らす有名人多数、保護活動にも積極的

犬 保護犬コラム

保護犬活動に積極的な有名人

どうしても保護犬と聞くとマイナスのイメージが強いと思います。

海外では保護犬を飼うことは珍しいことではありませんが、残念ながら日本ではまだまだ浸透していません。

しかし近年有名人の方々が声をあげ活動をされていることは、我々一般人にも広く関心を持たせてくれるキッカケになっていると思います。

そこで、今回は保護犬の活動をしている・飼っている有名人の方の情報を集めてみました。

 

<ローラ>

アメリカでの生活の中で保護犬をペットにすることが当たり前だと知り、自分に何ができるかなと考えSNSを利用して広めようと活動開始。自身のインスタグラムを利用して保護犬・保護猫の情報をアップしています。

プロフィール欄に保護犬情報が検索できるサイト「OMUSUBIおむすび」へのリンクが貼られています!

・ローラのインスタグラム

 

<滝川クリステル>

財団の代表として殺処分ゼロを目指して活動しています。震災で被災したラブラドールを一時的に預かっていたのですが、飼い主さんが避難先で飼うことができず里親として引き取ったそうです。

・一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル

 

<浅田美代子>

4匹の保護犬と共に暮らしチャリティー活動をしています。繁殖業を免許制にするために署名活動をしていました。

Tier Love(ティア・ラブ)

 

<杉本彩>

ご自身で団体を作り積極的に保護犬活動をしています。3匹の保護犬と猫達と暮らしていて、テレビでも度々お話しされているのでご存知の方も多いでしょう。

・公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

 

他にも多くの方が保護犬と暮らしています。

森泉

坂上忍

上川隆也

柴田理恵

吉沢悠

みやぞん

坂上忍さんはテレビでも動物の施設を作ると宣言し「まずは保護犬から!」と活動開始。今後どのように展開されていくのか注目です。

ご自身がおっしゃっていましたが、自分が死んだ後も継続できる形にしなければいけない。まさしくおっしゃる通りだと思います、一時的な感情で保護しても最後まで責任を持つ決意がなければ二次被害が発生してしまいます。

保護犬の存在を知って可哀そうという感情は誰もが抱く感情ですが、実際に行動に移す方々はすごいなと思います。

思っているだけでなかなか行動に移せない方が多いと思いますが、それぞれの生活の中で考えるキッカケとなり「日本は殺処分ゼロが当たり前」になってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました