保護犬を飼うことは出来ないが、手伝うことは出来る!

犬 保護犬コラム

いろんな事情があって保護犬の里親になれず、もどかしい思いをしている方は多いと思います。

自分で迎える事が出来ればベストですが、譲渡条件に合わなかったり住宅事情や家庭の事情など様々な問題があります。

保護犬たちの幸せを願うだけでなく自分にできることはないだろうか?でも知識も経験もないから何も出来ないし…

そう考えている方におすすめなのが「お散歩ボランティア」です。

まずはお散歩から!

各都道府県には動物愛護センターがあります。それぞれの場所で募集要項は変わるかもしれませんが、興味があれば一度お電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

直接愛護センターに電話するのは抵抗あるな…という方は、個人でお散歩ボランティアを募っている方もいらっしゃいます。

■千葉方面にお住まいの方は下記ブログでお散歩の様子など紹介されています。

http://osanpotai.blog.jp

■熊本でお散歩ボランティアの活動を紹介されているブログは下記リンクからご覧ください。

https://hitokotosha.com/1622/

一人で愛護センターに行くのは抵抗あるなという方は、千葉県の活動されているような皆さんと一緒だと安心ですよね。

こういう形で参加を募るのもボランティアの形の一つとして良いなと思いました。

youtubeで愛護センター内にいる子達を紹介して、里親募集されている方もいらっしゃいますよね。皆さん色んなアイディアで活動されているので、すごく参考になります。

今回ご紹介したのは動物愛護センターでの活動ですが、各ボランティア団体でも募集を行っています。

お散歩だけでなく掃除や譲渡会スタッフ、車を持っていたら運ぶお手伝いなど、いろんな形で参加する事ができます!

少しづつ無理のない範囲で参加してみてはいかがでしょうか。

 

どこでボランティアしようか悩む

何を基準にボランティア先を選ぶかは人それぞれですが、各団体の意向に共感できるところでボランティアされるのが良いと思います。

活動されている方の目標は「殺処分ゼロ」でありゼロの状態をキープし続けること、皆さん同じ目標に向かっていることは間違いありません。

ですが、それぞれ譲渡条件が違っていたり考え方も様々です。

「何か違うな」と思いながら通うのは続かないでしょうし、気持ちのズレが大きくなるとボランティア活動自体が嫌になってしまう可能性もあります。

そうならない為にも、いろんな団体を調べてみることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました